2018年03月06日

顔のマッサージクリームの選び方のポイントを押さえよう

三寒四温という言葉通り、寒波がやって来たかと思えば、週末は5月並みの暖かさ、そしてまた寒い日が…
風が強いことも多く、保湿ケアをしていたつもりですが、肌の乾燥が加速したように感じます。

紫外線も強くなり始める時期に向けて、もう少しスキンケアを強化しようと考えたのが、マッサージクリーム。
名前通り、顔をマッサージすることで血行やリンパの流れを良くしながら、肌をほぐして有効成分が効きやすくしてくれるアイテムです。


そんな顔のマッサージクリーム選びで、気を付けたいポイントは3点。


まず重要なのは、なんと言ってもテクスチャー。
顔に塗り広げるだけでなく、更に肌をムニムニwとするので、固くて伸びづらいものでは肌に摩擦を与えるだけになってしまいます。
マッサージクリームを選ぶ時には、必ず伸びが良くて適度な弾力があり、肌を指の間のクッションになってくれるかがポイントです。


2点目が油分の配合量や、どんな保湿成分が入っているか。
クリームの最大の目的は、肌に油分を与え乾燥を防ぐことです。これは自分の肌にどれくらい油分が必要かを把握した上で、使い心地も考慮して選ぶ必要があります。
また油分と共に保湿成分を補うことで、肌のバリア機能低下を改善し、肌トラブルが起きにくくしてくれるものが望ましいです。


そして3つ目に、マッサージクリームにどのような効果を求めるか。
最近はマッサージするためだけでなく、特定の効果を見込める成分を配合することで、エイジングケアにも役立つ商品が増えています。
特にリフトアップ効果を期待するなら、アルガンオイルや馬油が配合されているもの、
美白効果を期待するならプラセンタやEGFが配合されているものがおすすめです。


マッサージをすることで、程よい刺激を与えて肌を活性化できる顔のマッサージクリーム
上手に選んで、乾燥やバリア機能低下の改善だけでなくエイジングケアにも役立てていきたいですね。




QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
se-zi